ひよっこコピーライターが「サントリー 天然水の森」と仕事することになった話
見出し画像

ひよっこコピーライターが「サントリー 天然水の森」と仕事することになった話

「それでさ、この辺りにツキヨダケっていうキノコがあってさ、これがムキタケっていうおいしいキノコと似てるんだけど、食べたら、青い光がポツポツと浮かんでるような幻覚が見えたり、最悪の場合死んじゃったりするっていう毒キノコでさ・・・」

あ、しまった。
また始まった。

おじさんのこの手の話は、長くなる。

ちょっと待って。
生まれも育ちも東京のシティガールのわたしに、そんな専門用語ばかり、たたみかけないで!!

10分に1うんちくを挟んでくるせいで、打ち合わせが一向に進まない。

わたしは、このうんちくのせいで(おかげで)“「サントリー 天然水の森」公式”のnoteを書くことになりました。

わたし、うんちくおじさんと出会う。

冒頭で登場したうんちくおじさんは、わたしの森の師匠。

「サントリー 天然水の森」の活動を始めた山田健(やまだ たけし)さんです。

そう。
要は、なんだかえらい人。

わたしは、最近、えいやっと「コピーライター」になりまして、絶賛修行中です。

そんなわたしは、ひょんなことから、「サントリー 天然水の森」の公式サイトのリニューアルのコピーを書くことになりました。

そこで、なんだかえらいうんちくおじさんと、出会うことになったのです。

サントリー 天然水の森

「サントリー 天然水の森」ってなに?って思いますよね。

端的に言えば、2003年からサントリーが取り組んでいる、森づくりのことです。

2021年現在、日本全国21カ所、総面積12,000haを「サントリー 天然水の森」とし、“水と生命(いのち)の未来を守る” 活動をしています。

近年、環境問題が急速に取り沙汰され、あらゆる企業がこぞって「自然にやさしく」「サスティナブル」と謳っていて、

これ自体は、大変素敵なことだと思うのですが、正直どこまで本当なのか、ブランディング目的なのではないか、とつい斜に構えてしまいます。

なので、この仕事をはじめた当初は、この森を守る取り組みも、形式的なものだと思い込んでいました。

けれど、まったく違ったんです。

はじめてうんちくおじさんと話した日、わたしのその考えは、打ち砕かれました。

もう、すごい。すごいの。

各森の地層がどうだ、岩がどうだとか、樹のDNAがああだこうだ、山に優しい作業道がどうのこうの、ここにはあの鳥がいて、あれこれとか・・・

あらら?
このおじさん、詳しすぎない?

いくら、この取り組みをはじめた人だからとはいえ、普通えらい人って、こういうのは現場に任せきりで、あまり把握していないものなのでは?(偏見)

念のため、お伝えしておきますが、サントリーのいち社員。
ただの飲料メーカーではたらく、おじさんなはず。

それなのに、これだけの知識量になるのは、自らが森に入り、森と対話し、森を守っているからです。

長い長いうんちく話の中に、たしかに情熱があって、わたしはおじさんの本気に触れ、圧倒されました。

打ち合わせは、まったく前には進まない。
進行役の方は、終始苦笑い。

けれど、わたしはたのしんでしまっていました。

サントリーと天然水

なぜ、ここまでの情熱があるのか。

その答えはすぐに見つかりました。
サントリーにとって、森が育む天然水が生命線なのです。

サントリーがつくるビールもウイスキーも伊右衛門も、ほとんどすべてが天然水から作られています。

しかも、より商品にあった、おいしい天然水を求めすぎて、山奥の(奥の奥の)工場で生産したりしています。

画像1

(ここどうやって行くのってくらい、山の中。)

それくらい、サントリーのおいしさの決め手は、森からやってくる天然水に委ねられているのです。

仕事終わりのわたしを癒してくれる、プレモルがやたら輝かしく思えてきます。

画像3


でも、森からやってくる天然水ってどういうこと?
川の水ってこと?
そういえば、旅行に行った時、湧き水を飲んだな・・
それのことかな?

いろいろな疑問がわたしの頭をうずまいていました。

天然水の話は、また今度詳しくしたいのですが、どうやら、森の元気がないと天然水はできないらしい。

13_ホクギノ崩壊地

そして、この写真のように、元気のない森も少なくないのが現状で、このまま放っておけば、水が涸れてしまう可能性だってあるそうです。

だから、サントリー商品の、天然水の、おいしさをこの先もずっと残したい、とサントリーは本気なわけです。

「水に生かされている会社が、水を守る活動をするのはあたりまえだ。」
うんちくおじさんのたまーーに出る、名言。

これだけ森のことや水のことを知り尽くし、これだけのうんちく話ができるのは、おいしい水をいただいている人間の、自然に対する敬意なのだと思いました。

恋愛でも、営業でも、なんでも、相手とお近づきになりたいときは、相手を知ろうとするのと一緒。

うんちくおじさんのうんちくが嫌じゃないのは、この敬意がにじみ出ているからでしょうか。

「仲間になろうーーーー!」

この熱意を感じたのは、わたしだけではありませんでした。
専門家や、教授、山を仕切る村長なども同じ。

ものすごい熱量で、森を守ろうとするから、あらゆる分野でブイブイ言わせているすごい人たちが、「なにごとか!!」と集まってきて、仲間になっているのです。

まるで、かの有名な海賊船のように。

その仲間たちの知識と知見がかけ合わさって、今まで解明できていなかった、森が抱える問題を紐解いていく。

サントリー号は、ぐんぐん未来を見据えて進んでいく。

わたしは、この活動に、森に、うんちくおじさんに、どんどん魅了されていきました。

わたしと森

ただ、残念なことがあって。

それは、うんちくおじさんのうんちく話を、新公式サイトにほとんど掲載できなかったこと。

打ち合わせの9割を占める、うんちく話を、です。(もっと真面目な会議して)

うんちくおじさんの話って、本当にマニアックなんですよ。
だからサイトに載せるとなると、コンセプトがぶれちゃうな、と。

でも、このうんちくを、誰かに共有したくて、したくて。

だから、無理言って、noteを始めさせてもらいました。

このnoteは、一応 ”「サントリー 天然水の森」の公式” です。
けれど、わたしはサントリー社員ではありません。

だから、わたしが森に、あって、感じたことを、ありのままに、丹精込めて綴らせてもらう、と思います。

読んでくださるみなさんにも、サントリー号に乗って、ちょっとした発見のある旅になることを、願って。

月に2回、森に、あいにきてくれたら、わたしは嬉しいです。

気合入りすぎて、長くなってしまいました。

最後まで、読んでくださったあなた!

最高です。ありがとうございます。

よろしければ、わたしが関わらせてもらった、新サイトものぞいてください。


この記事が参加している募集

自己紹介

私の仕事

ひょんなことから、「サントリー 天然水の森」のWebサイトを制作することになった"わたし"が、サイトでは伝えきれなかった森の魅力やそこで出会った興味深い人たちについて、好きに語っていくnoteです。 https://www.suntory.co.jp/eco/forest/