森に、あう。 -サントリー 天然水の森-
雨粒を待つお椀/あの日、天然水の森で。
見出し画像

雨粒を待つお椀/あの日、天然水の森で。

森に、あう。 -サントリー 天然水の森-

2003年から始まった「サントリー天然水の森」の活動。
実は、この公式note「森に、あう。」を担当している”わたし”の父もコピーライターとしてこの活動に携わらせてもらっています。そして、時々師匠と一緒に森に入っては、森の小さな小さな営みをカメラで捉え、エッセイを書いていました。
今も昔も、変わらず森には生命いのちがめぐっています。それらを、ちょっと前のエッセイから感じてみよう、というシリーズです。

「サントリー天然水の森 きょうと西山」の渓流沿いで、面白い花を見かけました。

“チャルメルソウ(哨吶草)”。
名前も、姿カタチに劣らず、面白いですね。
由来は、屋台のラーメン屋さんが鳴らす“チャルメラ”。
花の後、お椀型に上を向く実のカタチを、
特有のラッパに見立てたのだそうです。

出合った時、チャルメルソウは、ちょうど、実りの時期を迎えようとしていました。
すっともたげた花穂に、ほら、点々とお椀が連なっています。

覗いてみると、実の中には、たくさんの種の粒々があります。
種を入れたお椀を、上向きにかかげる。
チャルメルソウの実が、このような不思議な型をしているのには、
実は、ちゃんとした理由があるのだそうです。
実が待っているのは、雨粒。
雨の滴が、ひゅー、ぽたっ、と、お椀に降り注いだ時、
ぴちょん、と弾ける水の力を借りて、種が四方に飛び散る仕組みなのだとか。

梅雨の時期にあわせて実を結ぶチャルメルソウに、
どうか雨粒の恵みがありますように。

2013.05.16|サントリー天然水の森 きょうと西山

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
森に、あう。 -サントリー 天然水の森-
ひょんなことから、「サントリー 天然水の森」のWebサイトを制作することになった"わたし"が、サイトでは伝えきれなかった森の魅力やそこで出会った興味深い人たちについて、好きに語っていくnoteです。 https://www.suntory.co.jp/eco/forest/