森に、あう。 -サントリー 天然水の森-

ひょんなことから、「サントリー 天然水の森」のWebサイトを制作することになった"わたし"が、サイトでは伝えきれなかった森の魅力やそこで出会った興味深い人たちについて、好きに語っていくnoteです。 https://www.suntory.co.jp/eco/forest/

森に、あう。 -サントリー 天然水の森-

ひょんなことから、「サントリー 天然水の森」のWebサイトを制作することになった"わたし"が、サイトでは伝えきれなかった森の魅力やそこで出会った興味深い人たちについて、好きに語っていくnoteです。 https://www.suntory.co.jp/eco/forest/

    マガジン

    • あの日、天然水の森で。

      2003年から始まった「サントリー天然水の森」の活動。実は、このnoteを担当している”わたし”の父もコピーライターとしてこの活動に携わらせてもらっています。そして、時々師匠と一緒に森に入っては、森の小さな小さな営みをエッセイで綴ったり、ムービーカメラマンの映像のコトバをつけたりしてきました。今も昔も、変わらず森には生命がめぐっています。それらをすこし前の記録から感じてみましょう。

    • みんなの「#未来に残したい風景」

      2021年12月から2022年1月にかけて開催した投稿コンテスト「#未来に残したい風景」最終選考作品を集めました。

    最近の記事

    • 固定された記事

    ひよっこコピーライターが「サントリー 天然水の森」と仕事することになった話

    「それでさ、この辺りにツキヨダケっていうキノコがあってさ、これがムキタケっていうおいしいキノコと似てるんだけど、食べたら、青い光がポツポツと浮かんでるような幻覚が見えたり、最悪の場合死んじゃったりするっていう毒キノコでさ・・・」 あ、しまった。 また始まった。 おじさんのこの手の話は、長くなる。 ちょっと待って。 生まれも育ちも東京のシティガールのわたしに、そんな専門用語ばかり、たたみかけないで!! 10分に1うんちくを挟んでくるせいで、打ち合わせが一向に進まない。

    スキ
    109
      • 花に会う:人字草・ジンジソウ/あの日、天然水の森で。

        「サントリー天然水の森 南アルプス」。 渓流沿いの岩肌に、人、という字に咲く花を見つけました。5つある花弁。 その内の2つを、まさに人という字のようにスッと伸ばす、とても印象的な花でした。 2010.10|サントリー天然水の森 南アルプス

        スキ
        17
        • 教えに会う:草という名前の草はないのですね、先生。/あの日、天然水の森で。

          「これは面白い。ここにカンスゲ(寒菅)があって、すぐそばに、コカンスゲ(小寒菅)がある」。 「サントリー天然水の森 奥多摩」の植生調査に同行した時に聞いた、東京農業大学・中村幸人(なかむらゆきと)教授の言葉です。 カンスゲ。 コカンスゲ。 確かに、同じようで、明らかに違います。 教えてもらえなければ、そうじっくりと見つめることはなかったでしょう。考えてみれば、名前を付けるということは、その存在の独自性に気付いて、そのかけがえのなさを大切に思うことの証なのですね。 草

          スキ
          26
          • 花に会う:リンドウ/あの日、天然水の森で。

            サントリー「天然水の森 丹沢」を訪れた時に出会った花を、3つご紹介します。リンドウと、その仲間たちです。 いずれも、かつては、野山でふつうに見られた花です。 でも今回、出会えたのは植生保護柵の中。ほんの少し前まで当たり前だったことが、今はそうでないことを、花が、改めて教えてくれた思いがしました。 ●リンドウ(竜胆) 秋を迎える頃には、街の花屋さんの軒先に鉢植えが並べられ、美しい姿を間近にできます。とはいえ、野で見かけると、愛さしさもひとしおです。 ●ツルリンドウ(蔓竜胆)

            スキ
            25

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • あの日、天然水の森で。
            森に、あう。 -サントリー 天然水の森-
          • みんなの「#未来に残したい風景」
            森に、あう。 -サントリー 天然水の森-

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            樹に会う:トチの実の皮をむいたのは、誰?/あの日、天然水の森で。

            2013年、秋。 「サントリー天然水の森 奥大山」では、トチの実が大豊作。 地面には、たくさんの、たくさんの、トチの実です。 いやー、すごい、すごい、と眺めていて、気付いたことがありました。 トチの実を包んでいる、分厚い皮。 それが、見事に、あまりにも見事に、はがれているものが、 いくつも、いくつも、見うけられるではありませんか。 まるで誰かが、わざわざ、むきとったかのように・・・。 これは一体・・・? それに、まだ真新しいものも少なくありません。 我々の目を盗んで、何者か

            スキ
            24

            どんぐりを拾って、育ててみた話。/2021年10月からの記録

            2021年11月22日11:00に公開したnote。 初めて、サントリー 天然水の森を訪れた日のことを綴ったnote。 そこからもう1年弱も経っているのかと思うと、時の流れの早さに驚きますね。 人生で何度この早さに驚いていることか。 なんてぼやいていたら、 「歳月の流れの速さは、年を取ると、そんな生易しいものではないよ。お正月が来ると、“もうすぐ年末だなぁ”ってなるよ。」 とわたしの森の師匠。 そこまで時の流れが早くなるのか。。。 まぁ、そんなことはさておき、 この記

            スキ
            27

            巨樹に会う:栗・クリ/あの日、天然水の森で。

            サントリー「天然水の森 赤城」。 人が足を踏み入れることの絶えて、もう30年が過ぎようという、森の道。 その傍らに、栗の木があります。 ひとつは、倒木。もうひとつは、老木。 ともに、目を瞠る存在感の巨木です。 2010.09|サントリー天然水の森 赤城

            スキ
            26

            花に会う:人、という字に咲く花。/あの日、天然水の森で。

            サントリー「天然水の森 南アルプス」。 渓流沿いの岩肌で、人、という字に出会いました。 “ジンジソウ”。漢字にすると、“人字草”です。 花を見て、その名前を知った時、驚いたり感心したりすることが、 たびたびあります。今回も、そうでした。 この花を、最初に“人字草”と呼んだのは、だれ? 人字草の花のひとつひとつは、小柄で、清楚で、奥ゆかしい 趣のものですが、たくさんの花が集い、風に揺れる様は、 なにやら、みんなで、ワラワラと談笑しているかのような 賑やかさもあって、見飽きる

            スキ
            27

            日本の山を、土砂災害から守る/森のヒト

            石川先生のプロフィール はじめに日本は国土のおよそ7割を山間部が占めている自然豊かな国ですが、それだけに毎年全国各地で土砂災害が起き、そのたびに甚大な被害がもたらされています。今回はこうした土砂災害を防ぐ砂防工学の専門家で、「天然水の森」でも土壌浸食の調査・研究をお願いしている東京農工大学の石川芳治先生にお話をうかがいました。 花崗岩でなくとも山は崩れる⁉近年、局所的な集中豪雨などが増えているため、大規模な土砂災害が多く発生しています。2014年8月に広島市で大規模な土石

            スキ
            18

            渓流に会う:本谷川/あの日、天然水の森で。

            いくつもの地層をくぐり抜けながら、 サントリーの工場の地下深くに、およそ20年の歳月をかけて 旅してくる、清らかで豊かな地下水。 その水源にあたる森を訪れると、美しい渓流の数々に出会うことができます。 <渓流に会う>シリーズで今回お届けするのは、 「サントリー天然水の森 奥大山」の 奥深い森の谷深く、清らかな流れを絶やさない、本谷川です。 四季折々の美しさの一端を、ご覧ください。 2008.03|サントリー天然水の森 奥大山

            スキ
            16

            流れをたどれば/あの日、天然水の森で。

            「サントリー天然水の森 南アルプス」の山肌を下る ひと筋の渓流。たどってみると……、 次から、次へと、 まるでしつらえた庭のような光景が 出迎えてくれました。 風化しやすい花崗岩の山肌を流れ下る、「天然水の森 南アルプス」の渓流。 その多くは、時として大きく姿を変える、躍動の中にあります。 一方で、穏やかな美しさを連綿と披露してくれる流れが、ひっそりとそこにある。 訪れるたびに、新しい何かが見つかる「サントリー天然水の森」です。 2013.08.15|サントリー天然水の

            スキ
            29

            水の味が変わる!?「花崗岩」の成り立ちを探ってみた。Part 2

            さて、前回、太古の地球での花崗岩の誕生についてお話ししました。 今回は、ついに北アルプスと南アルプスの花崗岩の成り立ちのちがいを探っていきます。 それを理解するためには、まず、地球の“動き”を理解する必要があるので、そこからお話ししていきたいと思います! まだ読んでいない方は、まずこちらをどうぞ! 動く地球 「大陸移動説」という言葉を知っていますか? 1912年。 アルフレッド・ウェゲナーという人が、 「大西洋を挟む南北アメリカと、ヨーロッパとアフリカを合わせた海

            スキ
            26

            水の味が変わる!?「花崗岩」の成り立ちを探ってみた。Part 1

            習慣ってすごいですよね。 このお仕事をさせてもらうようになって、無意識のうちに「サントリー 天然水」を買っているまでになりました。 そしてこの間、 あ。ついに出会えた。 そう思ったんですよ。 ちなみに、わたしが日常で飲んでいるのはこれ。 さて、なにがちがうでしょうか。 撮影場所?撮り方?ネイル? 「ずいぶんとネイルが目立つ写真だね」 なんて、わたしの森の師匠には言われてしまいましたが。 すみません、なりきれないインスタグラマー的な撮り方になってしまいましたが、

            スキ
            34

            花に会う:あじさいの3ヶ月/あの日、天然水の森で。

            サントリー「天然水の森 奥多摩」。 大岳山へ向う登山道沿いに、紫陽花が群れる場所があります。しかも3種類。 6月、7月、8月と、それぞれに趣の異なる美しさで、訪れる人を出迎えてくれます。 2010.08|サントリー天然水の森 奥多摩

            スキ
            27

            花に会う:黄釣舟/あの日、天然水の森で。

            緑の陰に、ポッ、ポッ、ポッと目を惹く黄色の、不思議な姿形。夏から秋。山裾の渓流沿いで出会える花です。 2018.07|サントリー天然水の森 南アルプス

            スキ
            27

            誰が袖の 触れし花かも/あの日、天然水の森で。

            神宮川が刻む深い谷の対岸から、 サントリー「天然水の森 南アルプス」の姿を遠望しようと 辿った、日向山(ひなたやま)への登山道。 頂上まで道半ばという辺りで、数回、同じ花の出迎えを受けました。 名を、“タガソデソウ・誰袖草”。 “誰が袖”とは、いかにも謂れのありそうな表現です。 調べてみると、古今集の春上に見られる、 「色よりも香こそあはれと思ほゆれ誰が袖触れし宿の梅ぞも」 という歌に由来する匂袋(においぶくろ)の名、 という解説が、最初に記されていました。 けれども、た

            スキ
            28