「タヨウ」に疲れたときに見るnote
見出し画像

「タヨウ」に疲れたときに見るnote

森に、あう。 -サントリー 天然水の森-

普段、葉っぱをじっくり見る機会はありますか?

DSC_7896改

これらは、森にある葉っぱたちです。

こうやって並んでいるのをみると、
この葉っぱの形はよく見るな、とか
カエデっていろんな形があるんだな、とか
こっちはツルツルだけど、こっちはザラザラだな、とか。


あたりまえではありますが、色も形も、ひとつだってまったく同じものはありません。

そして、なんとなくそれが、きれいだな、美しいな、と感じませんか?

つい忘れてしまいますが、あたりまえに存在している「タヨウ」。
そして、それらを美しいと思えるはずの心。

わたしが、“森に、あって”気付かされたことの1つです。

Beauty of Forest

森にある多様な葉を使って、森にいる美しい鳥を表現した作品です。

森には、鳥が食べる虫たちがいて、そしてその虫たちが食べる草木があって、その草木が育つ土壌があって。

そんなふうに、たくさんのいのちがめぐって、森が生きています。
美しい鳥が暮らせる森は、多様性に富んだ森なのです。

この映像を見て、どう思いましたか?

生きているだけで、「タヨウ」。

ダイバーシティ。
この社会の流れは、本当に素晴らしいことだと思います。

これを否定したいとか、そういうことではなく、ただ、時にわたしは「タヨウ」を苦しく感じてしまう時があります。

DSC_7879改

一見まったく同じに見えるこれらの葉っぱのように、自分の中に「タヨウ」が見つからなくて、焦りを感じてしまったり。

でも、ふと視点を変えるて、見てみると、

DSC_7879改

色や形が絶妙にちがっていて、そんな自分の中の「タヨウ」に劣等感を感じてしまったり。

とてつもなく矛盾していて、なんてめんどうくさい生き物なんだ、と思いますが、あらゆるところで「多様性」が叫ばれている今、わたしは少し「タヨウ疲れ」のようなものを感じてしまう時があるのです。


そんなわたしが、この映像を見て、森を感じて、思ったこと。


それは、「タヨウ」ってわたしたちが見つけるまでもなく、当たり前にそこに存在していて、「タヨウ」だからこそ出せる色があるということ。

「葉」と一括りにいっても、さまざまな種類の葉っぱが存在し、さらに同じ種類でも微妙に色や形が異なる。

画像4

葉っぱが「タヨウ」だから、描かれた美しい鳥。

画像5

葉っぱが「タヨウ」だから、つくられる美しい景色。

そうだ。
そんなふうに、わたしたちは生まれた時から「タヨウ」。
あたりまえに「タヨウ」です。

そして、「タヨウ」って、美しい。
自然と「タヨウ」を美しいと思える心を人は持っています。

なんかもう、それでいいじゃん、と。

つい「タヨウ」を考えると、自分の存在そのものを否定してしまったり、自信がなくなってしまったり、逆に人を傷つけてしまったりしますよね。

特にこのご時世、不安にかられたりして、余計に。

でも、わたしたちは生まれながらにして「タヨウ」で、「タヨウ」は本来美しいはずのもの。

まずはそれだけでいいんだ。
それだけで、いい。
それだけで、もう立派。

それだけは、忘れてはいけないな、と思います。

わたしは、この映像を見て、森の「タヨウ」に触れて、少しだけ、心が救われました。

みなさんは、何を感じましたか?

ちなみに、この映像は「天然水の森 東京農業大学奥多摩演習林」で撮影されています。

森の多様を守るために、大学も巻き込んだ取り組み。
ぜひ、のぞいてみてください。

今回はちょっぴり真面目に話してみました。
最後まで、見てくださって、ありがとうございました。

あなたからの、いいね、フォロー、コメント、全力で待っています。

森に、あう。 -サントリー 天然水の森-
ひょんなことから、「サントリー 天然水の森」のWebサイトを制作することになった"わたし"が、サイトでは伝えきれなかった森の魅力やそこで出会った興味深い人たちについて、好きに語っていくnoteです。 https://www.suntory.co.jp/eco/forest/