【感動】みなさんの「未来に残したい風景」を読んで
見出し画像

【感動】みなさんの「未来に残したい風景」を読んで

森に、あう。 -サントリー 天然水の森-

こんにちは。

年末から開催している「#未来に残したい風景」をお題とした投稿コンテスト。
中盤に差し迫って参りました。

ご参加いただいているみなさま、ありがとうございます。
ちょっと難しいお題でもあるので、
集まるのかな〜大丈夫かな〜
なんて、心配しておりましたが・・・。

年末年始は実家に帰りまして、
こたつの中に入り、ひたすらnote。時々みかん。時々駅伝。

おかげさまで、note漬けの時間を過ごしていました。

いや〜、いろいろな考え、価値観、知識があって面白いですね。

こんな短期間で、同じテーマでこれだけの文章に触れる機会がないので、とてもたのしく読ませていただいています。

心に残る風景


今まで訪れた場所で、心の中にある、未来に残したい風景を
写真と共に共有してくださった方がたくさんいました。

育ってきた環境も異なり、ましてや知り合いでもない方の、感動したものに触れ、それにわたしの心も動く。

なんだか自然を通して繋がれた気がして、不思議な感覚になります。

◆satsuki_zooさんの投稿

この方の載せている、朝焼けも、感動しました。
限りなく朝に近い夜が作り出すこの絶妙な空の色は、見たことがありません。

ぜひ、写真だけでなく、実物を見たいです。

◆燿(hikari)さんの投稿

写真と短い言葉だけの投稿ですが、個人的にとても好きなんです。

シンクロ(正式には、アーティスティックスイミング)をやってるのか!
というくらい揃っていて、思わず微笑んでしまいました。

こうやって鳥にとっても、住みやすい環境であり続けたいですよね。

「残したい」と思う心

◆猫野サラさんの投稿

◆すーこさんの投稿

SDGsや「環境にやさしく」など、
環境問題に向き合うための発信って
たしかに大切だと思うのですが、
その前に自分の心があるよな、と。

まずは自分が何を発見して、何に感動するのか・・・
「感じる」ということは無意識なもののようで、
意識的に「感じ」ないと、なかったことになってしまう。
そう、改めて気付かされた文章でした。

「未来に残したい」そう思う、心そのものに寄り添うような。

残したいのは自然の景色だけじゃない

“風景”といっても、未来に残したいと思うのは、自然の景色だけではありませんよね。

◆ちゆたかさんの投稿

伝統工芸って、昔から変わらない部分を持ち合わせつつ、その時の文化・人・想いなどが合わさりあって、ゆっくり変化して、今があるんだな、と。

自然が何千年何万年とかけてゆっくりゆっくり時代に合わせて変化して今があって。
単位は違えど、そういう自然と近しいものを感じました。

ちゆたかさんの、最後の文章”私の願い”の部分に、共感しました。

自然と共に生まれた文化も、また残したい風景だと思います。
こちらも是非読んでみていただきたいです。

◆椎葉村公式さんの投稿

◆柳川藩主立花邸 御花さんの投稿

「ただいま」と言える場所

わたしも、「未来に残したい風景」を考えた時に感じたことですが、
自然の景色が美しいから、というような理由だけでなく、
自分が育ってきた環境や思い入れがあるところにこそ、残したいと思いますよね。

そんな部分に共感した記事が、こちらです。

◆myu1919さんの投稿

◆littlenapさんの投稿

おわりに

過去の記事ではありますが、ハッシュタグをつけてくださったこちらの記事。
サントリー ウイスキー愛をとても感じる内容でした。
(社員もとても喜んでいることでしょう!!)

そして、過去に別のコンテストで受賞されているようで。
最後に紹介させてください。

||||

今回ご紹介したのは、11日までに投稿していただいたもののほんの一部です。
まだまだ気になる記事はたくさんあって、書ききれなかったこと、お許しください・・・!

コンテストはあと1週間とすこし(26日(水)まで)。
まだ書かれていない方、もっと書きたいことがある方、
投稿お待ちしております!

そして、もしよろしければ、わたしの過去の記事も見てみてください!(ちゃっかり差し込む)

#未来に残したい風景  を考えてみた話

わたしの大好きなオオカミと生態系の話

サウナの水風呂に感動した話


今日も、最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
森に、あう。 -サントリー 天然水の森-
ひょんなことから、「サントリー 天然水の森」のWebサイトを制作することになった"わたし"が、サイトでは伝えきれなかった森の魅力やそこで出会った興味深い人たちについて、好きに語っていくnoteです。 https://www.suntory.co.jp/eco/forest/