マガジンのカバー画像

あの日、天然水の森で。

16
2003年から始まった「サントリー天然水の森」の活動。実は、このnoteを担当している”わたし”の父もコピーライターとしてこの活動に携わらせてもらっています。そして、時々師匠と一… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

雪面のショーケース/あの日、天然水の森で。

雪深い奥大山の春。 雪面は、新雪が次々と降り積もる冬の頃とは、また違った輝きを見せてくれます。 日中、陽光を浴びてうっすらと解けた雪が、日が落ちて気温が下がると、凍る。 昼と夜の繰り返しが生み出す、キラキラのモザイク模様です。 そんな雪面に、風や雪にあおられて落ちた木の葉が姿を現しているところが、いくつかありました。 たとえて言えば、雪と氷でできた、木の葉のショーケース。 ↓は、ミズナラの落葉です。 ↓は、ヒノキの葉。 (ごめんなさい。掲載した写真では、その魅力を十分

ブナの森工場は、雪の森工場。/あの日、天然水の森で。

西日本最大のブナの森が広がる奥大山にあるから、「サントリー天然水 奥大山ブナの森工場」。 分かりやすいですね。 ところで、この工場。西日本でもっとも雪深い場所の一つにある、という意味では、“雪の森工場”でもあります。 数時間、雪が降り続くと、ほら、ロゴマークもちょっと違ったデザインに。 ロゴマークを勝手に変えるなんて、普通は許されないことなのですが、そこは雪と風の仕業。怒るわけにもいきませんし、なかなか絶妙なセンスに思えてきたりもします。 積算すれば、冬の間、数メート

樹に会う:ブナには 冬が よく似合う/あの日、天然水の森で。

晩春の芽吹きの頃も 初夏の新緑の頃も 盛夏の深緑の頃も 涼秋の黄葉の頃も みずみずしく はればれとして つややかで たおやかで ブナは 素敵です ですが ブナは なんといっても 冬 だと 思うのです 雪の重みに耐えかねて 枝が折れてしまうこともしばしば それでも しっかり生きている証拠を見せてくれる その姿は 威厳にあふれ 神々しくすらあります ブナには 冬が よく似合う と思うのです 2014.1.30|サントリー天然水の森 奥大山

樹に会う:冬赤/あの日、天然水の森で。

「冬青」と書いて、ソヨゴ。 文字通り、冬にも青々とした葉を身にまとう、その木は、冬には鮮やかな赤い実で身を飾り、いっそう艶やかな姿を見せてくれます。 冬にも青々とした葉は染料になり、純白の糸を、葉色からは想像もつかない、鴇の羽色の淡い紅に染め上げるのだそうです。 そうと知ると、都会の庭先にも植えられ、森の中でもけっして珍しくはないこの木のことが、いっそう、愛おしく思えてもきます。 さて。冬青の、冬に赤い実を意識すると、他の赤い実も目に飛び込んできます。 例えば、シロダモ、

花に会う:人字草・ジンジソウ/あの日、天然水の森で。

「サントリー天然水の森 南アルプス」。 渓流沿いの岩肌に、人、という字に咲く花を見つけました。5つある花弁。 その内の2つを、まさに人という字のようにスッと伸ばす、とても印象的な花でした。 2010.10|サントリー天然水の森 南アルプス

教えに会う:草という名前の草はないのですね、先生。/あの日、天然水の森で。

「これは面白い。ここにカンスゲ(寒菅)があって、すぐそばに、コカンスゲ(小寒菅)がある」。 「サントリー天然水の森 奥多摩」の植生調査に同行した時に聞いた、東京農業大学・中村幸人(なかむらゆきと)教授の言葉です。 カンスゲ。 コカンスゲ。 確かに、同じようで、明らかに違います。 教えてもらえなければ、そうじっくりと見つめることはなかったでしょう。考えてみれば、名前を付けるということは、その存在の独自性に気付いて、そのかけがえのなさを大切に思うことの証なのですね。 草

花に会う:リンドウ/あの日、天然水の森で。

サントリー「天然水の森 丹沢」を訪れた時に出会った花を、3つご紹介します。リンドウと、その仲間たちです。 いずれも、かつては、野山でふつうに見られた花です。 でも今回、出会えたのは植生保護柵の中。ほんの少し前まで当たり前だったことが、今はそうでないことを、花が、改めて教えてくれた思いがしました。 ●リンドウ(竜胆) 秋を迎える頃には、街の花屋さんの軒先に鉢植えが並べられ、美しい姿を間近にできます。とはいえ、野で見かけると、愛さしさもひとしおです。 ●ツルリンドウ(蔓竜胆)

樹に会う:トチの実の皮をむいたのは、誰?/あの日、天然水の森で。

2013年、秋。 「サントリー天然水の森 奥大山」では、トチの実が大豊作。 地面には、たくさんの、たくさんの、トチの実です。 いやー、すごい、すごい、と眺めていて、気付いたことがありました。 トチの実を包んでいる、分厚い皮。 それが、見事に、あまりにも見事に、はがれているものが、 いくつも、いくつも、見うけられるではありませんか。 まるで誰かが、わざわざ、むきとったかのように・・・。 これは一体・・・? それに、まだ真新しいものも少なくありません。 我々の目を盗んで、何者か

巨樹に会う:栗・クリ/あの日、天然水の森で。

サントリー「天然水の森 赤城」。 人が足を踏み入れることの絶えて、もう30年が過ぎようという、森の道。 その傍らに、栗の木があります。 ひとつは、倒木。もうひとつは、老木。 ともに、目を瞠る存在感の巨木です。 2010.09|サントリー天然水の森 赤城

花に会う:人、という字に咲く花。/あの日、天然水の森で。

サントリー「天然水の森 南アルプス」。 渓流沿いの岩肌で、人、という字に出会いました。 “ジンジソウ”。漢字にすると、“人字草”です。 花を見て、その名前を知った時、驚いたり感心したりすることが、 たびたびあります。今回も、そうでした。 この花を、最初に“人字草”と呼んだのは、だれ? 人字草の花のひとつひとつは、小柄で、清楚で、奥ゆかしい 趣のものですが、たくさんの花が集い、風に揺れる様は、 なにやら、みんなで、ワラワラと談笑しているかのような 賑やかさもあって、見飽きる

渓流に会う:本谷川/あの日、天然水の森で。

いくつもの地層をくぐり抜けながら、 サントリーの工場の地下深くに、およそ20年の歳月をかけて 旅してくる、清らかで豊かな地下水。 その水源にあたる森を訪れると、美しい渓流の数々に出会うことができます。 <渓流に会う>シリーズで今回お届けするのは、 「サントリー天然水の森 奥大山」の 奥深い森の谷深く、清らかな流れを絶やさない、本谷川です。 四季折々の美しさの一端を、ご覧ください。 2008.03|サントリー天然水の森 奥大山

流れをたどれば/あの日、天然水の森で。

「サントリー天然水の森 南アルプス」の山肌を下る ひと筋の渓流。たどってみると……、 次から、次へと、 まるでしつらえた庭のような光景が 出迎えてくれました。 風化しやすい花崗岩の山肌を流れ下る、「天然水の森 南アルプス」の渓流。 その多くは、時として大きく姿を変える、躍動の中にあります。 一方で、穏やかな美しさを連綿と披露してくれる流れが、ひっそりとそこにある。 訪れるたびに、新しい何かが見つかる「サントリー天然水の森」です。 2013.08.15|サントリー天然水の

花に会う:あじさいの3ヶ月/あの日、天然水の森で。

サントリー「天然水の森 奥多摩」。 大岳山へ向う登山道沿いに、紫陽花が群れる場所があります。しかも3種類。 6月、7月、8月と、それぞれに趣の異なる美しさで、訪れる人を出迎えてくれます。 2010.08|サントリー天然水の森 奥多摩

花に会う:黄釣舟/あの日、天然水の森で。

緑の陰に、ポッ、ポッ、ポッと目を惹く黄色の、不思議な姿形。夏から秋。山裾の渓流沿いで出会える花です。 2018.07|サントリー天然水の森 南アルプス