森に、あう。 -サントリー 天然水の森-

ひょんなことから、「サントリー 天然水の森」のWebサイトを制作することになった"わたし"が、サイトでは伝えきれなかった森の魅力やそこで出会った興味深い人たちについて、好きに語っていくnoteです。 https://www.suntory.co.jp/eco/forest/

森に、あう。 -サントリー 天然水の森-

ひょんなことから、「サントリー 天然水の森」のWebサイトを制作することになった"わたし"が、サイトでは伝えきれなかった森の魅力やそこで出会った興味深い人たちについて、好きに語っていくnoteです。 https://www.suntory.co.jp/eco/forest/

    マガジン

    • あの日、天然水の森で。

      2003年から始まった「サントリー天然水の森」の活動。実は、このnoteを担当している”わたし”の父もコピーライターとしてこの活動に携わらせてもらっています。そして、時々師匠と一緒に森に入っては、森の小さな小さな営みをエッセイで綴ったり、ムービーカメラマンの映像のコトバをつけたりしてきました。今も昔も、変わらず森には生命がめぐっています。それらをすこし前の記録から感じてみましょう。

    • みんなの「#未来に残したい風景」

      2021年12月から2022年1月にかけて開催した投稿コンテスト「#未来に残したい風景」最終選考作品を集めました。

    記事一覧

    雪面のショーケース/あの日、天然水の森で。

    雪深い奥大山の春。 雪面は、新雪が次々と降り積もる冬の頃とは、また違った輝きを見せてくれます。 日中、陽光を浴びてうっすらと解けた雪が、日が落ちて気温が下がると…

    ブナの森工場は、雪の森工場。/あの日、天然水の森で。

    西日本最大のブナの森が広がる奥大山にあるから、「サントリー天然水 奥大山ブナの森工場」。 分かりやすいですね。 ところで、この工場。西日本でもっとも雪深い場所の…

    新年のごあいさつと師匠、QuizKnockさんとコラボ!?のご紹介

    あけましておめでとうございます! もう2023年。 年末年始はどのように過ごしましたか? 寝正月だった方も、お仕事だった方もいるでしょうか。 わたしはとにかく食べま…

    雪面のショーケース/あの日、天然水の森で。

    雪面のショーケース/あの日、天然水の森で。

    雪深い奥大山の春。

    雪面は、新雪が次々と降り積もる冬の頃とは、また違った輝きを見せてくれます。
    日中、陽光を浴びてうっすらと解けた雪が、日が落ちて気温が下がると、凍る。
    昼と夜の繰り返しが生み出す、キラキラのモザイク模様です。

    そんな雪面に、風や雪にあおられて落ちた木の葉が姿を現しているところが、いくつかありました。

    たとえて言えば、雪と氷でできた、木の葉のショーケース。
    ↓は、ミズナラの落

    もっとみる
    ブナの森工場は、雪の森工場。/あの日、天然水の森で。

    ブナの森工場は、雪の森工場。/あの日、天然水の森で。

    西日本最大のブナの森が広がる奥大山にあるから、「サントリー天然水 奥大山ブナの森工場」。

    分かりやすいですね。

    ところで、この工場。西日本でもっとも雪深い場所の一つにある、という意味では、“雪の森工場”でもあります。

    数時間、雪が降り続くと、ほら、ロゴマークもちょっと違ったデザインに。
    ロゴマークを勝手に変えるなんて、普通は許されないことなのですが、そこは雪と風の仕業。怒るわけにもいきません

    もっとみる
    新年のごあいさつと師匠、QuizKnockさんとコラボ!?のご紹介

    新年のごあいさつと師匠、QuizKnockさんとコラボ!?のご紹介

    あけましておめでとうございます!

    もう2023年。
    年末年始はどのように過ごしましたか?

    寝正月だった方も、お仕事だった方もいるでしょうか。

    わたしはとにかく食べました。
    お蕎麦、おせち、お雑煮、みかん、余ったお餅、余ったおせち、そしてみかん。

    わが家は割と文化を大切にしている方で、こういった行事ごとがあれば律儀に決まったものをいただきます。
    お雑煮の具はブリ、大根、にんじんなどなど。みな

    もっとみる